全国美術館・博物館情報

アート

小松孝英展 SATOYAMA

 9月14日(土)~29日(日)、午前10時~午後6時、福岡市中央区地行浜1丁目、みぞえ画廊(天神駅からバス、問い合わせは092・738・5655)。

 生まれ育った宮崎県延岡市の生き物を描く美術家。チョウやウナギなどをモチーフに、琳派の画風を意識して箔(はく)を施したアクリル画を展示する。

 新たな試みとして、酸化させた銀箔を用いた抽象画のシリーズも=写真。里山に放置され、朽ちていく農機具や車などをイメージしたという。鉄や陶の立体と並べて、「里山の酸化」を表現する。

(2019年9月10日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

アートの一覧へ

イベントTOPへ

ページの先頭へ