アート

新春名宝展 聖徳太子の姿

 2月9日(日)までの午前8時半~午後4時(1月21日は午前8時~午後4時半、入館は20分前まで)、大阪市天王寺区四天王寺1丁目の四天王寺宝物館(四天王寺前夕陽ケ丘駅、TEL06・6771・0066)。

 様々な姿で表されてきた聖徳太子像を、絵画や木像などで紹介する。

 「刺繍(ししゅう) 聖徳太子孝養像」=写真=や、重要文化財「聖徳太子絵伝」(遠江法橋筆)など約30点。

 平安時代のお守りで、国宝の懸守(かけまもり)「桜折枝文」「松喰鶴文」も特別公開。

 500円、高・大学生300円。

(2020年1月14日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

アートの一覧へ

イベントTOPへ

ページの先頭へ