プレゼントのジャンルを選択

【おいしさ再発見!伯方の塩】プレゼント企画
 第3弾 されど塩セット

  • 第3弾 されど塩セット
  • 第3弾 されど塩セット
  • 第3弾 されど塩セット

 「は・か・た・の・しお♪」のCMでおなじみの「伯方の塩」。スタンダードな粗塩をはじめ、伯方の塩で漬けた梅干しなど、様々な商品をセットにして毎月プレゼントします! 朝日マリオン・コム編集部による「伯方の塩」にまつわる《ひとつまみコラム》もお届けします。

 第3弾は、「されど塩セット」(1123円)を、15人に。

 瀬戸内海の海水を、「太陽熱」と「⾃然の⾵」で濃い塩水にして煮詰めてつくる「されど塩」(150g、540円)と、海藻のうまみが特徴の「されど塩 藻塩」(100g、583円)の2点セット。

「されど塩」ブランドは、瀬戸内海の原料だけを使い、「流下式枝条架併⽤塩⽥(りゅうかしきしじょうかへいようえんでん)」でつくられている。

▼「されど塩」の商品詳細はコチラ
https://www.hakatanoshio.com/shopbrand/ct15/

▼「伯方の塩」ネットショップ
https://www.hakatanoshio.com/

 

◎伯方の塩 ひとつまみコラム◎

 「たかが」「されど」 塩田塩への想い

 私たちの生活に欠かすことのできない塩。 普段、何げなく使っている塩も、製法や産地によってさまざまな種類があります。 今回ご紹介する「されど塩」は、瀬戸内海の海水を原料に、「塩田」を利用した製塩法でつくられています。今日は少しだけ、「されど塩」の誕生秘話をお届けします。

*:.:*:.:*:.:*:.:*

 そもそも、「塩田」といっても、あまりピンとこない⽅もいるかもしれません。それもそのはず、塩⽥は、室町時代中期以降から⽇本の製塩法の中核を担い、時代とともに形態を変えながら変遷してきましたが、1971(昭和46)年、「塩業近代化臨時措置法」により塩⽥は全面廃⽌になったのです。その後は、塩田に代わる製塩法として「イオン交換膜製法」に画⼀化されました。

*:.:*:.:*:.:*:.:*

 伯⽅塩業の⼯場がある瀬⼾内は、かつては⽇本有数の「塩⽥地帯」でした。 1953年(昭和28)から塩田が廃止される1971年まで、瀬戸内の風物詩であった「流下式枝条架併⽤塩⽥」でつくった塩は、「製塩史上で⾷⽤に優れていた塩」ともいわれていたそう。 海⽔をポンプでくみ上げ、太陽の熱と⾃然の⾵で「かん⽔」と呼ばれる濃い塩⽔をつくり、それを釡で煮詰めて製塩します。いうなれば、⼈の知恵と⾃然の恵みから⽣まれた塩。ほどよくにがりを残した味わいは、どんな料理もおいしく引き⽴ててくれるといいます。

*:.:*:.:*:.:*:.:*

 そんな塩田の廃止から26年後の1997(平成9)年のこと。「イオン交換膜製法」以外でも⽇本の海⽔から直接塩をつくることが認められました。伯⽅塩業は永年の想いであった「塩⽥での塩つくり」に着⼿します。社員が、古い⽂献や塩⽥を知る技術者の協⼒のもと、試⾏錯誤を繰り返し、2010(平成22)年10⽉、ついに「流下式枝条架併⽤塩⽥」を再現させました。新たな塩田の歴史の幕開けです。

*:.:*:.:*:.:*:.:*

 この塩田で製塩しているのが、今回の「されど塩」ブランドです。これほどまでに「塩⽥でつくった塩」にこだわった背景には、塩を単なる調味料と位置づけるのではなく、「⼈間にとって⽇光・空気・⽔などと共に⽣命活動に不可⽋な基本⾷料」あるという考えがあったからこそ。

 「たかが塩 されど塩」。そんな伯⽅塩業の想いから「されど塩」が誕⽣しました。

▼「されど塩」の誕生について
https://www.hakatanoshio.co.jp/thought/saredoshio.html

▼伯方塩業公式サイト
https://www.hakatanoshio.co.jp/

〈当選発表は発送をもって代えさせて頂きます〉
〈当選権利は、第三者への譲渡または換金等はできません〉
〈ご住所、電話番号などの登録情報をご確認ください〉

2020年12月17日16時締め切り

応募する

おすすめプレゼント

新着プレゼント

プレゼントTOPへ

ページの先頭へ