読んでたのしい、当たってうれしい。

現在
62プレゼント

日本一の栗産地・茨城県 笠間産の栗のスイーツ
連続企画/茨城をたべよう「いばたべ」!

ナガタフーズ「すいーとまろん」
ナガタフーズ「すいーとまろん」
ナガタフーズ「すいーとまろん」 ナガタフーズ「すいーとまろん」

 栽培面積・生産量とも全国第1位を誇る栗の生産地、茨城県。県内有数の産地、笠間市のナガタフーズ「すいーとまろん」(12個入り、2400円税抜き・送料別)を、7人に。10月下旬発送。

 笠間産の栗だけを使用。ペースト状にした栗にブランデーや砂糖を練り込み、ひとくちサイズに焼き上げた贅沢で上品な焼き菓子。甘さ控えめで、栗の風味が堪能できる。第3回(2019年)茨城おみやげ大賞受賞商品。

▼ナガタフーズ公式サイト「すいーとまろん」
http://nagatafoods.com/item/sweetmarron.html

▼茨城をたべよう 栗紹介ページ
https://www.ibaraki-shokusai.net/brand/chestnuts/

 

 《ミニコラム 産地の舞台裏》

◆栗の旬がやってきました! 

 筑波、丹沢、銀寄、利平・・・と聞いて、栗の品種と分かった方は、なかなかの栗通ではないでしょうか。
 それぞれ、筑波(つくば)、丹沢(たんざわ)、銀寄(ぎんよせ)、利平(りへい)と読みます。栗は品種によって、甘みが強いもの、風味が豊かなもの、加工にむいているものなど特徴はさまざま。早生(わせ)・中生(なかて)・晩生(おくて)など成熟期で分類され、出回る時期も一目で分かります。(資料:茨城をたべようサイト「特集 笠間の栗」)

 栗の歴史は古く、縄文時代の遺跡からも多くの栗が出土しているそう。茨城県では明治30年頃から栽培が始まったとされており、笠間市のほか、かすみがうら市・石岡市など、県内各地で広く栽培されています。

 栗は栄養価が高く、カリウムはりんごの4倍、ビタミンCは温州みかんと同じくらい、食物繊維はさつまいもより多く含まれ、高血圧予防や便秘改善、疲労回復等の効果が期待できるといわれています。

 食べ方も多彩です。そのまま茹でて食べてもよし、新米でくりごはんにすれば季節感もたっぷり。渋皮煮や甘露煮にすれば、スイーツとしても楽しめます。今回は、自宅で楽しめる栗のレシピをご紹介します。ぜひ、この機会に旬の味覚、日本一の茨城の栗を味わってみてはいかがでしょう!

(朝日マリオン.コム編集部)

レシピ動画
「シェフとつくろう Delicious.IBARAKI 栗ときのこ ゴルゴンゾーラチーズのパスタ」
 再生ボタンをクリックしてご覧ください。

茨城をたべよう 特集 笠間の栗
https://www.ibaraki-shokusai.net/season/kuri/

茨城をたべよう 販売店検索ページ(栗を買えるお店)
https://www.ibaraki-shokusai.net/shop/relation?mode=1&brand=10039

 

◎イベント情報◎
9月22(木)~30日(金)茨城県アンテナショップ「IBARAKI sense」にて栗フェア開催予定! 詳細は店舗ホームページをご確認ください。

「IBARAKI sense」
https://ibaraki-sense.com/

海と山に囲まれ、四季を通じて多彩な食材がとれる食の宝庫、茨城県。いばらき食と農のポータルサイト「茨城をたべよう」、略して“いばたべ”では、農林水産物の魅力を紹介している。ぜひこの機会に、茨城をたべよう!

▼茨城をたべよう トップページ
https://www.ibaraki-shokusai.net/

 

〈当選発表は発送をもって代えさせて頂きます〉
〈当選権利は、第三者への譲渡または換金等はできません〉
〈ご住所、電話番号などの配達情報をご確認ください〉
2022年10月20日16時締め切り

今、あなたにオススメ

おすすめプレゼント

新着プレゼント