全国美術館・博物館情報

目利きのイチオシコレクション

エコール・ド・パリ【上】 東京富士美術館

哀感漂う 独自の画風

  • モーリス・ユトリロ「モンマルトル、ノルヴァン通り」(油彩・キャンバス、1916年ごろ)
  • アメデオ・モディリアーニ「ポール・アレクサンドル博士」(油彩・キャンバス、1909年)

 20世紀初頭、芸術の都パリには各国の芸術家が集まりました。中でも、セーヌ川左岸のモンパルナスを根城に、特定の流派に属さず活動した画家たちを総称して「エコール・ド・パリ」と呼びます。孤独や貧困に苦しみながらも追究した彼ら独自の画風は、哀感を漂わせ、人々の心をとらえました。代表的な作家の作品を多く持つ東京富士美術館所蔵品の中から、2作家の作品を見てみましょう。

 エコール・ド・パリでは例外的に、生粋のパリジャンであるユトリロ(1883~1955)は、描く対象もほとんどがパリの風景でした。母から愛情を受けずに育ち、10代から酒におぼれる日々。華やかな表通りよりもうらぶれた路地を好み、初期の作品には人を描くことも嫌いました。

 本作は、道の先にあるサクレ・クール寺院を神聖で汚れのない白で描き、手前にある建物の外壁は風雨にさらされ、ややくすんだ白で対比させています。窓は閉まり、どこか感傷的でユトリロ自身の哀愁が感じられます。

 一方、36年の短い生涯だったユダヤ系イタリア人のモディリアーニ(1884~1920)が描いたのは、ほぼ人物でした。瞳を描かず、憂いを帯びた表情が特徴ですが、パトロンがモデルの「ポール・アレクサンドル博士」は、注文に応えようと瞳を描いた貴重な一枚です。

(聞き手・根津香菜子)


 どんなコレクション?

 1983年開館。エコール・ド・パリは、ユトリロ3点、モディリアーニ2点を含む計166点。全体のコレクションは、絵画や彫刻、陶磁、刀剣など様々な時代、ジャンルの作品約3万点。中でも西洋絵画はルネサンス期から現代までの作品を所蔵し、変遷をたどることができる。「モンマルトル、ノルヴァン通り」と「ポール・アレクサンドル博士」は、3月25日まで開催の常設展示「西洋絵画 ルネサンスから20世紀まで」で。

《東京富士美術館》 東京都八王子市谷野町492の1(TEL042・691・4511)。午前10時~午後5時(入館は30分前まで)。1300円、高・大学生800円、小中学生400円。(月)((祝)の場合は翌日)休み。

成城大名誉教授 千足伸行

千足さん

 せんぞく・のぶゆき 広島県立美術館館長。東京大・美術史学科卒業後、西ドイツ(当時)政府給費留学生としてミュンヘンに留学。帰国後、国立西洋美術館主任研究官などを歴任。専門は近代フランス絵画。著書に「西洋名画ズバリ101!」ほか。

(2018年1月9日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

バックナンバーへ

コラムTOPへ

ページの先頭へ