ほくほく味さんぽ

浅草の「伝統」と「フレッシュさ」をめぐる

香ばしさが魅力の「フェッテ」など

  • フェッテの香ばしい豆の風味には、クセになる魅力が。浅草散策しながら食べるのもいい
  • パニッサをフライヤーでカラッと揚げると、数分でフェッテのできあがり!
  • 「当たり前のことしかやってません」とおっしゃるが、それがおいしさの秘密
  • 完全手作業でていねいに作っている焼き団子だけに、とても手間がかかっているように見える
  • 食べたら誰しもが驚くに違いない、一般的などらやきとは異なる香ばしい味わい
  • 人気のどらやきについてていねいに説明してくださった井上修一さん

 今回は、下町ならではの雰囲気が心地良い街、浅草の味さんぽ。伝統に基づく老舗と、フレッシュなアイデアを生かした現代的なお店をご紹介します。

地図 まずは、つくばエクスプレス浅草駅からすぐの商店街、六区ブロードウェイに面する交番近くの細道に位置する「フェッテ・パニッサ」。インテリア雑貨のデザイナーだった店主の小室文吾さん(40歳)が、イタリア人の友人から教えられたパニッサのおいしさに魅了され、好きが高じて4年ほど前にお店を開いたのだそうです。

 「パニッサ」(250円 イートインのみ)とは、イタリア北西部リグーリア地方で食べられている郷土料理。ヒヨコ豆を練り固めてペースト状にし、型に入れておくと固まるのだとか。それをスライスしてオリーブオイルと塩コショウで味つけしたものです。そして同じヒヨコ豆ペーストをカラッと揚げたスナックが、「フェッテ」(250円 イートイン&テークアウト)。

 そんなフェッテは、豆の香りとほのかな塩味とのバランスが絶妙。衣はカリッとしているのに、中身はしっとりと心地良い食感です。そしてブラックペッパーをふりかけると、味はさらにキリッと。グラスワイン(500円~)との相性も抜群です。

 続いては、国際通りを田原町駅方面に5分ほど歩くと右側に見えてくる和菓子屋さん「桃太郎」。明治時代初頭に創業した老舗で、店主の蔵田士朗さん(57歳)は5代目。一番人気の焼き団子(110円)は、一日100本以上売れるという人気商品です。

 混ぜものは入っていない手づくり。市販の上新粉は使わず、うるち米を粉に挽(ひ)いているそうです。ふんわりとしたお餅でできたお団子を焼き上げると、二度漬けしたしょうゆの香りが。焼きたては軟らかく、冷めてくるとコシが出てくるため、好みに応じて二種類の味が楽しめます(焼き団子は12月24日から2月上旬まで販売を休止するのでご注意を)。

 「桃太郎」を出たら雷門一丁目交差点を左に曲がり、雷門通り、吾妻橋方面へ。雷門交差点を過ぎると、右手に見えてくるのが「亀十」。大正末期に創業した老舗で、営業担当の井上修一さん(40歳)によれば、一番人気の「どらやき」(315円)は、一日3000個も売れるのだとか。

 十数人の職人さんが手ごね、手焼きで仕上げる手づくり。裏返しのようにも見える皮を食べてみると、香ばしい風味が口いっぱいに広がります。ちなみに餡(あん)は2種類があり、北海道十勝産の小豆を使った「小豆あん」は上品な甘さが魅力。そして「手亡(てぼう)」と呼ばれるインゲンマメを使用した「白あん」は、しっとりと軟らかい食感が特徴です。どらやきといえば小豆あんが一般的ですが、試しに白あんを食べてその魅力に取り憑(つ)かれる人も多いとか。上品な味わいを、ぜひ一度体験してみてください。

(印南敦史)

フェッテ・パニッサ■フェッテ・パニッサ

東京都台東区浅草2-5-4
TEL:03-3845-6695
営業時間:午後2:30~午後10:00
(火曜と木曜は午後6:30~午後10:00)
休み:無休
URL:http://www.fette.co.jp/
グリーンのドアと白い壁は、イタリアのオリーブオイルを貯蔵する倉庫をイメージしたもの。

 

桃太郎

■桃太郎

東京都台東区西浅草2-13-10
TEL:03-3841-1287
営業時間:午前9:30~午後6:00頃
(売り切れ次第終了)

休み:不定休
休みは変更になることもあるため、事前に電話で確認を。

 

亀十■亀十

東京都台東区雷門2-18-11
TEL:03-3841-2210
営業時間:午前10:00~午後8:30
休み:不定休(月1回程度)
URL:http://www.asakusa-noren.ne.jp/kamejyu/sp.html
店内はいつも大盛況。どらやきは次々と売れていくので、早めの時間の方が買いやすいかも。

(2013年11月28日掲載。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は更新時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

バックナンバーへ

コラムTOPへ

ページの先頭へ