全国美術館・博物館情報

オトコの別腹

鈴鹿央士さん
「廣榮堂(こうえいどう)」の元祖きびだんご

  • 「廣榮堂」の元祖きびだんご
  • 鈴鹿央士さん

 岡山出身の僕にとってきびだんごと言えばこれ。小さいころから食べていたし、学校の給食で1個とか2個とか出てきたんですよ。

 この包み紙の柄も懐かしいです。配膳のとき、「キジだ」とか「サルだ」とか言いながら配っていました。小学校3、4年生ぐらいのときは、余った分をみんなでじゃんけんして。たぶん勝ったんでしょうね、5個ぐらい食べた記憶があります。

 甘すぎない味わいが、おいしいお米を食べているような感覚で。デザートとして最後に味わうだけじゃなくて、おかずとおかずの間にちょっときびだんごを挟む、そんな食べ方もしていました。意外に牛乳とも合ったんですよ。僕が小学生のころの牛乳は瓶に入っていたので、丸い飲み口を全部くわえてゴリラみたいに飲んでいましたけど(笑い)。牛乳を飲んだらきびだんごを食べてって。この組み合わせがお気に入りでした。

 お餅の大きさ、やわらかさ、甘すぎない味。どれもちょうどいいです。頑張りすぎていないというか、素材を生かした、みたいなところが岡山県だなあって思います。

 ◆岡山市内の直営店をはじめ、県内外の百貨店、都内のアンテナショップなどで販売。
 公式のオンラインショップでも購入可。
 10個(個包装)入り432円から。
 問い合わせは問い合わせ窓口(0120・104937)。


 すずか・おうじ 俳優。
 2000年、岡山県生まれ。「メンズノンノ」専属モデルを務めるほか、直木賞と本屋大賞をW受賞した恩田陸の小説が原作の映画「蜜蜂と遠雷」(10月4日公開)に、風間塵役で出演。

(2019年9月12日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

バックナンバーへ

コラムTOPへ

ページの先頭へ