オトコの別腹

佐藤弘道さん
「八宮松雪堂」の小鹿野こいし

  • 「八宮松雪堂」の小鹿野こいし
  • 佐藤弘道さん

 母の実家が埼玉・小鹿野町にあり、小さいころは東京から電車とバスを乗り継いで行っていました。着いて、食卓にこのお菓子があるのを見ると、ほっとしたのを覚えています。毎年のように食べていました。

 山芋が練り込まれた生地は、見た目よりも柔らかくて、しっとり。中に挟まれたマーガリンは甘すぎず、しょっぱすぎず。昔から変わらない味なので、今でも急に、思い出したように食べたくなります。食べ始めると、1個では収まらない。妻も息子2人も大好きで、すぐに無くなってしまいます。

 もともとお菓子は好き。体操競技を始めた高校時代から体重制限をしていたので、世の中には色んなスイーツがあると知ったのは最近のこと。でもやっぱり、このお菓子が恋しくなります。

 自然豊かな小鹿野町には、10年ほど前まで、主宰する体操教室のキャンプでも訪れていました。川や山で、自分が子どもの頃に体験した遊びをしたいと思って。最近は町に行く機会が減ってしまいましたが、行くと必ずお店に寄って、たくさん買っています。

 ◆埼玉県小鹿野町小鹿野1882(問い合わせは0494・75・0355)。
 120円。
 午前9時~午後6時。
 原則(水)休み。
 オンラインショップで注文可。


 さとう・ひろみち タレント。
 NHK・Eテレの「おかあさんといっしょ」で1993~2005年、体操のお兄さんを務めた。弘前大大学院で「親子体操」を研究し、15年に医学博士号を取得。近刊に絵本「さかあがり」。

(2019年10月10日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

バックナンバーへ

コラムTOPへ

ページの先頭へ