読んでたのしい、当たってうれしい。

現在
58プレゼント

近藤芳正さん
中村製餡(あん)所 もなか(つぶ、こし)

「中村製餡(あん)所」 の もなか(つぶ、こし)
「中村製餡(あん)所」 の もなか(つぶ、こし)
「中村製餡(あん)所」 の もなか(つぶ、こし) 近藤芳正さん

 妻が京都生まれの京都育ちというのもあって、一昨年拠点を京都に移しました。京都を開拓するのが楽しくて、ここは行きつけのお店のシェフに紹介してもらったんです。贈答用にする前に食べておこう、と思ったのが最初です。

 食べ方はもなかの皮にあんをのせて、自分好みに作るスタイル。そうやって頂くと、皮はパリパリでつぶあんとこしあんの食感の違いも楽しめるし、なにより驚くほど「あん」がおいしいんです。元々、つぶあん派でしたが、ここのこしあんを食べたら寝返ってしまいそうになるくらい。食べ出すと止まらない。後でご飯が食べられなくなって、怒られちゃうやつです。ちなみに僕はもなかの皮をプレーンにして、つぶあんを合わせるのが好きですね。

 とくに芝居の稽古が立て込む時は、脳が糖分を欲しているなぁと感じますので、ちょこちょこ補給して、脳を甘やかしています。今は東京で稽古真っ最中ですから、コンビニスイーツをお供に。俳優業なので、太り過ぎないようにしていますが、ここのあんは僕にとってまさしく「別腹」なんですよね。

 本当は秘密にしておきたいお店なんです。人気が出ちゃうよな、きっと。

 ◆京都市上京区一条通御前西入大東町88(問い合わせは075・461・4481)。
 贈答用(大)3900円の他、あんやもなかの皮(プレーン、ほうじMIX)が単品で購入可。
 午前8時~午後5時。
 (水)、(日)休み。
 取り寄せも可。


 こんどう・よしまさ 俳優。
 いじめを契機に築かれる親子の愛と再生を描いた一人芝居「ナイフ」(重松清原作)を上演。21~23日、水戸芸術館ACM劇場(水戸市)、2月4~6日、東京芸術劇場シアターイースト(池袋)の他、地方公演も。

(2022年1月20日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)