読んでたのしい、当たってうれしい。

現在
47プレゼント

休日課長さん
「ルポーゼすぎ」のプレーンホットケーキ

「ルポーゼすぎ」のプレーンホットケーキ
「ルポーゼすぎ」のプレーンホットケーキ
「ルポーゼすぎ」のプレーンホットケーキ 休日課長さん

 甘さは控えめ、見た目はシンプルでクラシカル。ルポーゼすぎさんは僕の理想とするホットケーキの店なんです。表面は銅板でじっくり焼かれてかりっとしていて、中はふんわり。表面に切り込みを入れ、自家製シロップをたっぷりかけてしみこませます。ほんのり塩味の利いたマーガリンとのバランスもいいですね。いっしょに注文するコーヒーはマンデリン。苦みと華やかさがちょうどいいんです。

 「今日ホットケーキが食べたいな」って突然思い立って、いつも1人で行ってさっと食べてさっと帰る。待っている間は思考をオフにして、他に何もしないですね。近所の人が気軽に来られるような、背伸びしないお店の雰囲気も好きです。

 ライブのツアーで地方に行ったとき、喫茶店をはしごして1日に3、4皿ホットケーキを食べたこともあります。お店探しはネットやグルメ好きの知人の情報や、自分の直感を頼ることも。解釈を必要としない、シンプルなものが好みです。

 子供の頃、週末になるとジャムおじさんにそっくりの父がホットケーキを焼いてくれました。市販の材料で焼くだけなのに、すごくおいしくて。父は音楽も好きなので、料理や音楽が好きなのは父親譲りなのかもしれないですね。

(聞き手・片山知愛)

 ◆東京都杉並区上高井戸1の1の11京王リトナード八幡山1階(問い合わせは03・3306・3288)。
  (前)9時~(後)7時(注文は30分前まで)。
  プレーンホットケーキ700円(テイクアウト667円)。
  ホットケーキデー(毎月5の付く日)は200円(テイクアウトは500円)。
  年始休み。


 きゅうじつかちょう ベーシスト。1987年生まれ。
 「ゲスの極み乙女」「DADARAY」「ichikoro」「礼賛」の4バンドを中心に活動。著書に「ホメられるとまた作りたくなる!妄想ごはん」(マガジンハウス)。2021年、同書が原案のドラマが製作された。

 Twitter ( @eninaranaiotoko )
 https://twitter.com/eninaranaiotoko

 Instagram ( @kyujitsu_kacho )
 https://www.instagram.com/kyujitsu_kacho/

(2023年4月13日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ