全国美術館・博物館情報

私の描くグッとムービー

荒井真紀さん(絵本作家)
「シザーハンズ」(1990年)

雪降る夜、絵画的な世界

  • 荒井真紀さん(絵本作家)「シザーハンズ」(1990年)

 両手がはさみになっている人造人間が主人公なので、最初はびっくりしました。丘の上の屋敷で孤独に暮らす彼が、ふもとの街で人気者に。そのきっかけを作った化粧品セールスの女性は、彼を自宅に招き入れるなど、世話好きで優しい。でも街には意地悪な人も。それぞれ人間味があって、現実とかけ離れた物語設定なのに、すっと入っていけました。

 いつも困ったような顔の彼は、不器用だけど純粋。応援したくなります。はさみを巧みに使って、庭の木や人々の髪をカットする場面も面白い。化粧品セールスの女性の娘との恋も交えて切ない展開に進みますが、報われなくても純粋な思いがあると感じられます。もともとラブストーリーはあまり見ませんが、主人公の思いに共感しました。

 ティム・バートン監督の世界観も印象的です。主人公の屋敷は暗い雰囲気ですが、人々が暮らす家々はカラフルなパステルカラー。色を用いた対比が絵画のようで、幻想的な雰囲気が引き立ちます。中でも、物語の最初と最後、夜に雪が降るシーンがおとぎ話のようで心に焼き付いています。

(聞き手・木谷恵吏)

  監督=ティム・バートン
  製作=米
  出演=ジョニー・デップ、ウィノナ・ライダーほか
あらい・まき
 1965年生まれ。昆虫などの細密画家・熊田千佳慕に師事。「たんぽぽ」で「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」入賞。近刊に「チューリップ」。

(2019年11月15日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

バックナンバーへ

コラムTOPへ

ページの先頭へ