読んでたのしい、当たってうれしい。

現在
57プレゼント

竹内泰人さん(コマ撮り映像監督)
「グエムル 漢江の怪物」(2006年)

ハラハラだけじゃない 家族の物語

竹内泰人さん(コマ撮り映像監督)「グエムル 漢江の怪物」(2006年)

 韓国のソウル市内を流れる漢江を舞台に、謎の怪物グエムルが逃げ惑う人に次々襲いかかるモンスターパニック映画です。映像を作る上での演出とストーリーのエンターテインメント性がすばらしくて、僕の中で100点以上の作品。子供の頃に見ていた怪獣映画とは全然違う視点で作られていて、度肝を抜かれましたね。

 主人公のカンドゥの娘、ヒョンソがグエムルに捕らわれたときは「ああもう助からない」と家族全員が絶望したけれど、携帯電話に娘から助けを求める電話がかかってきて「生きている」という希望に変わった。一回上げてまた落とされるシーンが多々あり、ジェットコースターに乗ったみたいにハラハラしっぱなしでした。

 娘が生きていることを政府や軍隊は信じてくれないので、家族が一丸となって戦い、結果倒すんです。グエムルの大きさも興味深かったですね。大きいけれど家族4人なら「やっつけられるかも」っていうサイズ感。「倒せるの? どっちなの?」って見ているこちらはまたハラハラする。

 最終的に、娘が助けた少年をカンドゥが引き取る。少年とテレビを見ながら食事をする風景は、本当の家族のようで胸を打たれました。ちゃんとした家族の物語だなって。僕も家族を持ったからそう思うのかもしれない。

 映画のポスターにも使われているシーンで、娘の背後に迫るグエムルをピンぼけにした演出が好きで、赤ずきんちゃんとオオカミで表現しました。僕が作るとどうしてもかわいくなってしまうんです。

(聞き手・片山知愛)

 

 監督・原案=ポン・ジュノ
   撮 影=キム・ヒョング
   製作国=韓国
   主 演=ソン・ガンホ、コ・アソン、ペ・ドゥナほか
たけうち・たいじん キラメキ所属のコマドリスト。
 NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のオープニング映像など作品多数。

  コマコマ隊のコマドリル
  https://komakomatai.com/

(2023年3月24日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)