読んでたのしい、当たってうれしい。

現在
64プレゼント

高岡香苗さん(画家)
「テルマ&ルイーズ」(1991年)

ルールに縛られない 心のフタを解放

 だいたい10年おきに今まで4回見ています。私も、プチ“テルマ&ルイーズ”できる、というかちょっとご機嫌になれるんです。

 初めて見たのは劇場公開の1991年冬。大学生でした。専業主婦のテルマと、ウェートレスのルイーズ。親友2人のおしゃれなドライブ旅行が、オープンカーのスピードと巧みなテンポに乗せて、果てなき逃亡劇に変わっていく。クライマックスは「西部警察」か!ってツッコミたくなるし、最後は大泣き。SF映画「ブレードランナー」で話題になっていたリドリー・スコットがこんなロードムービーも撮るんだなあって感じでしたね。

 2回目は2000年。今ほどパワハラ、セクハラが問題視されていなかったので、“からかい”を受け流すのもうまくなっていたような時期で。自分を解放していくテルマたちを眺めるうちに、訳知らず「ばかやろう!」って気持ちが込み上げていたんです。これまで、心の小箱に頑丈にフタをしていたんでしょうね。

 3回目は15年。気が付けばテルマたちの年齢を追い越していました。今年4回目で、これはフェミニズムに閉ざされた映画じゃないんだと感じました。ご近所トラブルとか職場の人間関係とかちっちゃなストレス、誰しも抱えていますけど、ルールに縛られない2人みたいになれれば、もっと楽になれるだろうなって。

 親友のためなら強盗もやってのける、そんなテルマに憧れてしまいます。フリフリに拳銃。瞳孔は開いて、口がひん曲がってる。狂気的なテルマの表情がこだわりです。

(聞き手・島貫柚子)

 

 監督=リドリー・スコット
    音楽=ハンス・ジマー
  出演=ジーナ・デイビス、スーザン・サランドン、ハーベイ・カイテルほか
たかおか・かなえ 
 1969年千葉県生まれ。東京芸術大学大学院修了。11~23日(18日を除く)、東京・千駄ケ谷の佐藤美術館でグループ展「描画図鑑」を開催。
(2023年7月7日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)