全国美術館・博物館情報

おんなのイケ麺(めん)

銀粉蝶さん
「手打ち そば処ほさか」の鴨(かも)汁そば

  • 「手打ち そば処ほさか」の鴨(かも)汁そば
  • 銀粉蝶さん

 昔よく、そばの食べ歩きに近いことをしていたんですよね。それで新宿ならあの店、渋谷ならここ、って。どの町に行っても困らないように。吉祥寺では30年以上前にこの店を見つけて、「やった!」って喜びました。十勝産のそば粉を使った細打ちを、鴨肉の味がたっぷり染みたおつゆでいただくんです。

 おそばって、ファストフードでしょう? 私はいつも一人でパッと入って、するっといただいています。シメに、そばの実が浮かんだ「そばもちしるこ」も欠かせません。お店は気取っていなくて、時間が練り上げた雰囲気がある。ガラス越しにはそばを手打ちしている様子が見えるんですよ。店主とはちゃんとお話ししたことはないんです。今度お話ししてみたいですね。

 子どものころからおそばが好きで。近所の人からいただく手打ちそばの切れ端を妹と争って食べていましたね。今も週2回はおそば。よく考えたら多いわよね。若い時ほど食べられなくても、おそばなら軽くおなかに入るじゃないですか。舞台のために体力維持しないといけないから、そこもいいんですよ。

 ◆東京都武蔵野市吉祥寺南町1の4の1の地下1階(問い合わせは0422・48・2118)。
 1100円。
 そばもちしるこは570円。
 午前11時~午後8時45分((日)(祝)は8時半まで)。
 (月)((祝)(休)の場合は翌平日)休み。


 ぎんぷんちょう 女優。
 東京・Bunkamuraシアターコクーン(7月11~28日)、大阪・森ノ宮ピロティホール(8月1~3日)で上演の舞台「美しく青く」に出演。

(2019年6月6日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

バックナンバーへ

コラムTOPへ

ページの先頭へ