全国美術館・博物館情報

おんなのイケ麺(めん)

林家ぼたんさん
「翁そば」のカレー南ばん

  • 「翁そば」のカレー南ばん
  • 林家ぼたんさん

 浅草演芸ホールの近くにあるお店です。初めて食べたのは入門したての頃。寄席の後、古今亭志ん駒師匠に誘ってもらい、他の前座さんたちと一緒に。師匠はずっと「カレーそば」と呼んでいました。麺は、うどんかそばかを選べるのですが、いつも全員がそばでした。

 なみなみ注がれたカレーあんに、おおっと驚きました。最初にあんを少し食べてから麺をすすらないと、こぼれそうなほど。ベースが和風だしで、辛すぎず優しい味です。ご飯にかけて食べてみたい。太めの麺がたっぷり入っていて、満腹になります。

 父が製麺会社で働いていたので、そばやラーメンはもっぱら家で食べていました。母がだしをとって、父がゆでて。そんな両親が上京した時も、一緒にお店に行きました。小上がりがあって、昔ながらの気取らない雰囲気もいいですね。

 寄席の後は、一門や仲間たちと食事に行きます。そこで、先輩から昔の名人の話や失敗談を聞くのは貴重な機会。畳の上で向き合っての稽古とは別の学びがあり、「自分の一部」になっていると思います。

 ◆東京都台東区浅草2の5の3(問い合わせは03・3841・4641)。
 650円。
 午前11時45分~午後3時、4時半~7時半。
 (日)休み。


 はやしや・ぼたん 落語家。
 2002年に林家こん平に入門。16年真打ち昇進。11日~20日、東京・浅草演芸ホールの「お盆特別興行」、17日、横浜市西区のみなとみらい駅の「駅ナカ落語会」に出演。

(2019年8月1日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

バックナンバーへ

コラムTOPへ

ページの先頭へ