プレゼントのジャンルを選択
おんなのイケ麺(めん)

重田千穂子さん
「手打そば おくむら」の鴨(かも)汁と田舎せいろ

  • 「手打そば おくむら」の鴨汁と田舎せいろ
  • 重田千穂子さん

 NHKの「コメディー お江戸でござる」に出演していたころ、まだ初期だったと思いますけど、番組内のコーナー「おもしろ江戸ばなし」に出ていらした江戸風俗研究家で漫画家の故・杉浦日向子さんに連れていっていただいたお店です。日本酒が好きだとおっしゃっていた杉浦さんは、鴨汁のおつゆをつまみに熱かんを飲んで、締めにせいろを召し上がっていたんです。汁物をおつまみにして飲むんだ!?って驚きましたが、でも格好良いなあって。感動したことを覚えています。

 鴨汁のおつゆは、粉山椒(こなざんしょう)が利いたちょっと濃いめの味。このおつゆと、なかに入っているネギや鴨肉をアテに日本酒を飲む、というのが乙でしたね。まだ日の高いうちからおそば屋さんに行って、お芝居のことを語り合いながらお酒をいただく、ということがとても特別な感じがしたんです。

 締めにいただいたのは田舎せいろです。普通のせいろもありましたけど、太くて歯ごたえがあって、味わい深い田舎せいろが私好み。冷たいおそばと温かい鴨汁の組み合わせが、日本酒を飲んだあとにぴったりでした。

 ◆東京都渋谷区神山町5の7(問い合わせは03・3466・4600)。
 鴨汁、田舎せいろ各850円。
 正午~午後3時(売り切れ次第終了)。
 (土)(日)(祝)(休)休み。


 しげた・ちほこ 俳優。
 1957年生まれ。NHKで95年~2004年に放映された「コメディー お江戸でござる」などに出演。今秋、故・黒澤明監督の映画をミュージカルにした「生きる」に出演。

(2020年4月2日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

バックナンバーへ

コラムTOPへ

ページの先頭へ