プレゼントのジャンルを選択
おんなのイケ麺(めん)

松岡依都美さん
「左門町浅野屋」の天ぷらそば

  • 「左門町浅野屋」の天ぷらそば
  • 松岡依都美さん

 文学座では、年末に事務所と稽古場の大掃除を行います。200人以上いる劇団員のうちの60人ほどが参加し、大掃除が終わると劇団から引換券を渡され、代わる代わる浅野屋さんへ行くのが毎年の恒例行事。券を出すと天ぷらそばが出てきます。

 三重の出身なので、そばよりもうどん派ですが、浅野屋さんでは、うどんも選べるので、20代の頃はうどんにしていました。30を超え、そばを選んで、最初に食べた時は、結構な衝撃が。そばの独特な香りが強すぎず、すんなり受け入れられました。自分が大人になったからなのかな。

 エビがすごく好きで、大きな天ぷらに感動しました。それからお汁。関東のお汁はこんなに真っ黒なのかと驚きましたが、味はそんなに濃くありません。よく働いた後なので、だしが、体にものすごくしみます。

 座員になるまでに5年かかるのが文学座なんです。大掃除は2年目に突入した研修生から参加できます。若い頃は、この一杯を食べるために大掃除に参加していたところがありました。下は10代、上は80代。みんなで掃除をして集まって食べられることに幸せを感じる年越しそばです。

 ◆東京都新宿区左門町13(電話03・3351・3903)。
 1080円。
 [前]11時~[後]3時、4時~9時(状況により時間が変更になる場合あり)。
 [土]は2時半まで。
 [日][祝]休み。


 まつおか・いずみ 三重県出身。俳優、文学座所属。
 2022年1月15日~27日、東京・よみうり大手町ホール、2月5日~6日、大阪・サンケイホールブリーゼの舞台「あの子より、私。」、1月21日公開の映画「さがす」に出演。

(2021年11月25日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

バックナンバーへ

コラムTOPへ

ページの先頭へ