プレゼントのジャンルを選択

シリーズ「Attirance」~馬場磨貴さんの花の写真たち(第2回)

朝日新聞の金曜夕刊で11月からスタートした新連載<PrintShot>。本紙でも活躍する写真家たちの近作を数点ずつ紹介し、撮影の一瞬を記してもらう。最初のシリーズは馬場磨貴さんの花々の写真で、全8回の予定。シリーズのタイトルは『 Attirance 』。フランス語で「魅了される」といった意味だ。2回目はバラの写真を。

 

深紫の薔薇 問い

 濃厚な甘い香り。夜の湿度は駅前の待合場を親密な空間にする。誰かを深く知りたいと思う。しかしその欲望の出所を私は知らない。その行く先も知らない。あなたの問いは、私に嵐を発す。此処と向こうを繫ぐために、雨も風も厭わずに。問いかけることで、私はこの橋を渡る。

 

 

ページの先頭へ