プレゼントのジャンルを選択
ロゴ散歩

パナソニック汐留美術館

  • パナソニック汐留美術館

PでもSでもなくR その訳は

 洗練されたマークは抽象的に見えるが、アルファベットの「R」がモチーフの一つ。優美な曲線がRの最後の画なのだ。デザインした山本あつひろさんは「右に向かってはらうのは、アルファベットの中でRだけ」と、特徴に注目してクローズアップした。

 ところで何のRなのか? 小さく書かれた欧文の後半に「ルオー・ギャラリー」とある。パナソニック汐留美術館は世界でただ一つ、仏の画家ジョルジュ・ルオーの名前を冠する美術館。1997年からパナソニックが収集したコレクションが開館のきっかけになった。

 もう一つのモチーフは海に近い所在地にちなんだ「波」。バランスをとり、柔らかい印象を意識してデザインした。

 マークから生まれたキャラクターもある。「カモメが飛んでいるみたい」という多くの声から山本さんがイラストを起こし誕生したカモメの「ジョルジュくん」。ミュージアムショップの袋や年報の裏表紙などで控えめに活躍している。

 ◆パナソニック汐留美術館 東京都港区東新橋1の5の1の4階。午前10時~午後6時(入館は30分前まで)。原則(水)休み。問い合わせは050・5541・8600。

(2021年1月12日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

バックナンバーへ

コラムTOPへ

ページの先頭へ