プレゼントのジャンルを選択
ロゴ散歩

アドミュージアム東京

  • アドミュージアム東京

形や色のバリエーション無限

 江戸時代以降の広告に関する資料約32万点を収蔵、展示するアドミュージアム東京は広告大手・電通が創設した吉田秀雄記念事業財団が2002年に開館した。

 17年のリニューアルを機に刷新されたロゴマークは、当時電通社員で現在はフリーで活動する上西祐理さん(34)が手がけた。アルファベットの「A」と「D」を重ねたシンプルなデザインだが、これはあくまで基本の形にすぎない。

 Aは二等辺三角形または直角三角形で「×」の模様(クロス柄)、色は暖色系の4色を基本とした暖色系。Dは半円プラス四角形でドット柄、寒色系。これらのルールの範囲内ならば形状や柄の大きさ、色の組み合わせを変えられるようにした。

 「時代や意識の移り変わりとともに変化、進化していけるロゴにしたかった」と上西さんは話す。館名に下線を引いたのは、館名を広告のキャッチコピーのように印象づけるためだ。

 提案した際「カラフルでかわいい」という声が多かったロゴは、形と色を柔軟に変化させながら館内の壁面にモーション・デザインとして映し出されている。

 ◆アドミュージアム東京 東京都港区東新橋 1の8の2 カレッタ汐留内(問い合わせは 03・6218・2500 )。当面の間、火~土の正午~午後4時。予約制。10月1日まで休館中。

(2021年9月14日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

バックナンバーへ

コラムTOPへ

ページの先頭へ