読んでたのしい、当たってうれしい。

現在
76プレゼント

埼玉県立近代美術館

埼玉県立近代美術館

脱力系ギャグ 美術館を盛り上げる
 サイが玉に乗って、サイタマ。おやじギャグに脱力しそうになるが、動き出しそうなポーズや目の下にシワのある表情など見飽きないデザインだ。

 埼玉県立近代美術館のミュージアムショップは開館から15年後の1997年にできた。積極的に働きかけたのが、主任学芸員だった前山裕司さん(現新潟市美術館長)。「変なものいっぱい置いてお客さんのテンションを上げたかった」と前山さんは話す。館が運営に関わりやすいよう会員制の「友の会」が運営する、珍しい形態にした。

 自ら商品選びもした前山さんは、ショップの袋やグッズ展開に使えるマークがあればと考えた。美術館のロゴマークはあったが、「キャラ的なものがいいよね、と」。

 デザイナー・葛西薫さんとの打ち合わせでどちらが言い出したか、盛り上がったのが「サイとタマ」。「こういうのを見て、美術館は楽しいなと思ってくれればしめたものです」と葛西さん。サイが玉を見つめている別バージョンもある。「見ているうちに乗りたくなった、というストーリーです」

 ◆埼玉県立近代美術館ミュージアムショップ さいたま市浦和区常盤9の30の1(電話048・824・0111)。[前]10時~[後]5時半。[月]([祝]、県民の日は除く)、年末年始、メンテナンス日は休み。

(2021年11月9日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ