読んでたのしい、当たってうれしい。

現在
64プレゼント

龍谷大学 大宮本館(京都市下京区)

〝攻め〟の西洋式 宮大工ら実現

西本願寺を見学した観光客らがよく訪れるという。建物の中には入れないが、外観の撮影は可能
西本願寺を見学した観光客らがよく訪れるという。建物の中には入れないが、外観の撮影は可能
西本願寺を見学した観光客らがよく訪れるという。建物の中には入れないが、外観の撮影は可能 左右の端に設ける予定だった階段は明治天皇を2階貴賓室に迎えるため中央に変更された。1階は土足だが2階には靴を脱いで上がる 卍(まんじ)模様をアレンジしたデザインの通気口 講堂では朝の勤行や法要が行われるほか、仏前結婚式に使われることもある

僧侶が学ぶ学寮を起源とする龍谷大学。京都駅に近い大宮キャンパスの建物が洋風に見えるのはなぜ?

 浄土真宗本願寺派の本山、西本願寺に隣接する大宮キャンパスには白壁、アーチ形の窓、正面のバルコニーが印象的な本館を中心に校舎や旧守衛所など明治初期の建築が残る。いずれも国の重要文化財だ。

 完成は1879(明治12)年。「鹿鳴館が建てられる4年も前と考えると、非常に興味深いです」と、龍谷大教授で文化遺産学が専門の北野信彦さん(64)は話す。

 石造りのように見えるが、実は木に石を貼り付けた「木造石貼り」、屋根は瓦でふいている。浄土真宗の寺の造りに合わせ、西側に窓がない。

 内部の壁は柱をしっくいで塗り込めた西洋式。柱頭に西洋建築に特徴的なアカンサスのデザインをまねたような彫刻がある一方、菊や雲など日本的なモチーフも室内装飾に多用されている。100畳の2階講堂の窓がやや低いのは、正座で学ぶ場だったため。

 あちこちに「日本」が顔をのぞかせる「擬洋風建築」だが、「設計や施工に西洋人がかかわった記録がない割に、西洋の技術がかなり入っているのが不思議」と北野さん。当時建設にかかわった京都の宮大工らが「神戸居留地に西洋建築を見学に行き、学んだのではと言われています」。中にはその後、迎賓館赤坂離宮などを手がけた建築家・片山東熊に評価され、建築史に名を残した者もいた。

 明治の初め、天皇が東京へ移り喪失感を味わった京都。加えて寺院は廃仏毀釈(き・しゃく)の流れにさらされた。この時代、20歳代で西本願寺法主を継いだ大谷光尊は若手僧侶をヨーロッパに派遣して宗教文化や教育制度を学ばせ、宗門の近代化に努めた。

 「“攻め”の意識で西洋文化を採り入れた点で価値がある」と北野さん。実は本館は明治天皇行幸の休憩所とするため、建築途中で大幅な設計変更を行ったことがわかっている。新しい時代への意気込みは天皇にも伝わっただろうか。

(田中沙織、写真も)

 DATA

  設計:不明
  階数:地上2階
  用途:講堂、貴賓室など
  完成:1879年

 《最寄り駅》:京都


建モノがたり

 徒歩約5分の龍谷ミュージアム(問い合わせは075・351・2500)は、龍谷大学が運営する仏教総合博物館。6月24日(土)~8月13日(日)はシリーズ展「仏教の思想と文化」を開催。「お釈迦(しゃ・か)さんのむかしばなし」がテーマの特集展示では、釈尊の前世の物語を中心に初公開の作品をまじえて紹介する。午前10時~午後5時(入館は30分前まで)。550円。原則(月)休み。

龍谷大学 大宮キャンパス
http://www.let.ryukoku.ac.jp/campus/omiya.html

龍谷ミュージアム
https://museum.ryukoku.ac.jp/

(2023年6月20日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)