読んでたのしい、当たってうれしい。

現在
64プレゼント

『哀れなるものたち』2023年日本公開決定!

美しき漆黒ヘアのエマ・ストーンと共に未知の旅路へ―

(C)2023 20th Century Studios. All Rights Reserved.
(C)2023 20th Century Studios. All Rights Reserved.
(C)2023 20th Century Studios. All Rights Reserved. (C)2023 20th Century Studios. All Rights Reserved. (C)2023 20th Century Studios. All Rights Reserved.

▼シネマNAVI シネマNEWS一覧
https://www.cinemanavi.com/article_list/

 

 アカデミー賞10ノミネート、全世界で大ヒットを記録した『女王陛下のお気に入り』のヨルゴス・ランティモス監督、エマ・ストーンが再集結して描く、未知の驚きと未体験の感動に満ちた最新作『Poor Things(原題)』。本作の邦題が『哀れなるものたち』として公開されることが決定した。

 原作は日本でも2008年に翻訳された、スコットランドの作家アラスター・グレイ著の傑作ゴシック奇譚「哀れなるものたち」(早川書房刊)。その類稀な世界が映画界随一の鬼才ヨルゴス・ランティモス監督の手によって映像化される。物語は、風変わりな天才外科医ゴドウィン・バクスターの手によって死から蘇った若き女性ベラが、世界を知るために大陸横断の冒険の旅へ出る。時代の偏見から解き放たれたベラは、平等と解放を知り、驚くべき成長を遂げていく―。

 主人公ベラを演じるのは、ランティモス監督作品『女王陛下のお気に入り』でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたエマ・ストーン。今回はプロデューサーとしても加わったエマ・ストーンが再びヒロインを演じ、前作を超える最高のコラボレーションの全貌に期待が高まる。また、天才外科医のゴドウィン・バクスターをウィレム・デフォー、ベラと共に大陸横断の冒険の旅に出るダンカンをマーク・ラファロが演じ、一癖も二癖もある芸達者たちが脇を固めている。


『哀れなるものたち』ティーザー予告

 解禁となったティーザー予告映像は、美しくも独特な色合いの世界観が広がり、刺激的なカットの数々に心躍る仕上がりになっている。不思議なダンス、斬新なカメラアングルといったランティモス作品の定番は見えつつも、これまでにない壮大かつ奇天烈なビジュアルが、想像を超えるファンタジーワールドを予感させる。また、あわせて場面写真にはいつものジンジャーヘアを封印し、漆黒ヘアへ変貌した、未だかつてない美しいエマ・ストーンの姿が。ウィレム・デフォー演じる天才外科医ゴドウィンの表情も印象的で、観る者を幻惑へと誘う、魅力的な世界への旅路が今から待ちきれない。ヨルゴス・ランティモス監督&エマ・ストーンほか、超豪華キャストが未体験の驚きで世界を満たす最新作『哀れなるものたち』に注目だ。

 2023年 日本公開

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。すべての情報は更新時点のものです。資料提供:シネマNAVI )