読んでたのしい、当たってうれしい。

現在
65プレゼント

キアヌの日本語も飛び出す‼『ジョン・ウィック:コンセクエンス』

血のにじむ重い拳が重低音を響かせ決着に始動、予告編が完成!

(R), TM & (C) 2023 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
(R), TM & (C) 2023 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

▼シネマNAVI シネマNEWS一覧
https://www.cinemanavi.com/article_list/

 

 シリーズ最新作『ジョン・ウィック:コンセクエンス』より、日本版予告編が遂に解禁された。2015年に1作目『ジョン・ウィック』公開、2017年『ジョン・ウィック:チャプター2』、そして2019年『ジョン・ウィック:パラベラム』と、公開される毎に前作の全世界興行収入を倍々近くに更新し続けてきた『ジョン・ウィック』シリーズ。それに伴い、製作費もシリーズを追うごとにスケールアップしながら、戦いの舞台は全世界に広がり、出演キャストも大幅にアップデート。全映画ファンが心待ちにしていたシリーズ最新が9月に公開される。

 「準備はいいか?」と特注の防弾スーツを片手に、ローレンス・フィッシュバーン演じる地下犯罪組織の王バワリー・キングが問いかける。「もちろんだ」と遂に戦いに終止符を打つべく、伝説の殺し屋ジョン・ウィック(キアヌ・リーブス)が立ち上がる。決着、始動!!「自由になりたいなら奴に決闘を申し込め」そう提言するのはジョンの古き友人にしてニューヨーク・コンチネンタルホテル支配人のウィンストン(イアン・マクシェーン)だ。決闘の相手は主席連合からジョン・ウィック粛清の全権を託されたグラモン侯爵(ビル・スカルスガルド)。エッフェル塔を望むトロカデロ広場を舞台に対峙するジョンと侯爵。ジョンの背後にはウィンストン、そして侯爵側にはジョンの命を狙う殺し屋ケイン(ドニー・イェン)の姿が。血で血を洗う戦いの火蓋が切って落とされる。


『ジョン・ウィック:コンセクエンス』予告編

 旧友でもあり、互いに長年鎬を削ってきたジョンとケインが教会で対話する一幕では「君は死ぬぞ」とジョンの行く末を案じるケイン。「どうかな」と意に介さないジョン。ジョンと、グラモン侯爵に駒のように扱われるケインの宿命の対決からも目が離せない。

ニューヨーク、ベルリン、パリそして大阪!過剰なまでのアクションが世界的スケールに進化!
 主席連合から命を狙われるジョンは大阪・コンチネンタルに降り立つ。大阪・コンチネンタルの支配人シマヅ(真田広之)に助けを求めたのだ。しかし、すぐに嗅ぎ付けられ大阪も戦いの舞台となるのであった。「迷惑かけてすまない」とシマヅの恩義に日本語で感謝を口にするジョン。「君との友情は何よりも大事なんだ」たとえ全てを失うことになろうとも、これまで積み上げてきた二人の歴史そして友情を大切にするシマヅ。一瞬切り取られるジョンの子犬のような瞳が印象的だ。

 上記の大阪、これまでのニューヨークでの戦いに加えベルリンでのキーラ(スコット・アドキンス)との死闘、パリ凱旋門を舞台にした新時代のカーフー(車×カンフー)と場所も内容もスケールアップした過激で過剰なアクションの連続は正に瞬き厳禁!「良い人生は過去に置いてきた」と自らの歩みを振り返る言葉を発するジョン。報い【コンセクエンス】の銃弾は決着の一発となるのか⁉決着へのカウントダウンはすでに始まっている。

 

 9月22日(金)全国公開

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。すべての情報は更新時点のものです。資料提供:シネマNAVI )

今、あなたにオススメ