読んでたのしい、当たってうれしい。

現在
57プレゼント

佐藤健×長澤まさみ×森七菜が初共演!
『四月になれば彼女は』2024年3月29日(金)公開決定!

愛する人を探し求める至極のラブストーリー

(C)2024「四月になれば彼女は」製作委員会
(C)2024「四月になれば彼女は」製作委員会

▼シネマNAVI シネマNEWS一覧
https://www.cinemanavi.com/article_list/

 

 『告白』(10)、『悪人』(10)、『怪物』(23)など人間の本質に迫る作品から、『おおかみこどもの雨と雪』(12)、『君の名は。』(16)、『すずめの戸締まり』(22)など繊細で色彩豊かなアニメーション作品など数々の映画を企画・プロデュース。2011年には<藤本賞>を受賞した川村元気。数々の話題作を生み出してきた川村の著書3作目の映画化『四月になれば彼女は』の公開日が、2024年3月29日(金)に決定、世界各地で撮影され壮大なスケールで描かれるラブストーリーを紡ぐキャスト陣が解禁された。

 本作の監督は、山田智和。米津玄師「Lemon」、あいみょん「マリーゴールド」、藤井風「青春病」など、多くの伝説的ミュージックビデオを演出。圧倒的な映像の美しさと、人間の様を生々しく描き出す抜群のセンスとアイデアで今もっとも注目される新鋭が、本作で長編映画に初めて挑戦する。

 主人公の<藤代 俊>を演じるのは、佐藤健。Netflix『First Love 初恋』(22)、映画『8年越しの花嫁』(17)、TVドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBS/20)など切なさ溢れる作品から世の中の女性をときめかせた数々の大ヒット恋愛映画やドラマで主人公を演じてきた佐藤。あることをきっかけに姿を消した、愛する人の姿を探し求める繊細な役どころを演じる。誰もが経験する初恋の喪失、恋愛の喜びや痛みを等身大で表現し、切なくも胸打つ姿に注目だ。また今回の映画化は佐藤が原作を読んでいたことで実現しており、川村も「最初から最後まで映画作りに伴走してくれた佐藤健さんに感謝したいです」とコメントし、佐藤の熱意を感じさせる。

 藤代の婚約者<坂本弥生>は長澤まさみに決定。『コンフィデンスマンJP』シリーズで魅せた多彩な顔や『キングダム』(19)での壮絶なアクションなど、確かな演技力で圧倒的な支持を得ている長澤が、『50回目のファーストキス』(18)以来となる本格ラブストーリーを熱演。「愛を終わらせない方法、それは何でしょう」という言葉だけを残し藤代の前から突然、姿を消してしまう謎の多い役どころが物語にどんな結末をもたらすのか。

 藤代が10年前に交際していた初恋の女性<伊予田 春>は森七菜。Netflix『舞妓さんちのまかないさん』(23)、映画『ラストレター』(20)、そして映画『天気の子』(19)と、是枝裕和監督、岩井俊二監督、新海誠監督にその才能を見出された森。TVドラマ『この恋あたためますか』(TBS/21)や、現在放送中の『真夏のシンデレラ』(フジテレビ/23)の天真爛漫な存在とは異なり、ミステリアスで切なさを孕んだ役どころに挑む。

 

【佐藤 健コメント】
 7年前にこの原作を読んだとき、恋とは何か、愛とはどのようなものなのか、恋人との時間の中で、何を手に入れて何を失ったのか、もがき方さえわからぬまま恋愛というものの正体を探し求める藤代に共感しました。
 今回この撮影を通して、自分も藤代と一緒に少しでもその正体に近づけたらと思いました。
 長澤さんは、誰よりも真摯に、手を抜かずに、愛情を持って作品に向き合う方でした。
 自分よりも他人を優先してしまうような優しさと脆さを持った、それでいて誰よりも一生懸命に丁寧に生きていく弥生と重なりました。
 森さんとはクランクイン初日からほとんどがアドリブのシーンでしたが、初めて本気で人を好きになり結ばれることの喜びを知り、恋に浮かれ苦しむ藤代を共に作り上げてくれました。彼女の笑顔を見ていると自然と自分は藤代になれました。

 長編初監督の山田監督は、役者と共に悩みながらも芝居について真摯に追及してくださる方で、とても充実した撮影期間を過ごすことができました。
 恋愛の正体とは。愛を終わらせない方法とは。
 皆様にとっての答えを確かめに、劇場に足を運んで頂けたら幸いです。

【長澤 まさみコメント】
 弥生は突然深く愛した藤代を残して、いなくなってしまいます。
 そこにはきっと不安とか歪みもありつつ、新しい道に踏み込むために思い切った気持ちがあったのかなと思います。
 佐藤さんは初共演でしたが、冷静に役や物語を捉えて演じる方なので安心して撮影できましたし、
 信頼のおける俳優さんだと思いました。日々、彼に対して信頼感が生まれていき、楽しかったです。
 山田監督は何にも動じない素質を持った監督で拘る部分をしっかりと持っていて、監督のセンスや感覚がすごく信頼できました。現場で少しずつ物語を育てていくという感覚がありました。
 この作品は恋愛に悩んだり苦しんだり立ち止まったりする人たちに向けて届けたい映画です。
 人を愛するということを見つめなおしたくなるような作品になると思います。公開はまだまだ先ですが、楽しみにして頂けたら嬉しいです。

【森 七菜コメント】
 今回、この原作を尊敬する先輩方と演じることができてとても光栄に思っています。
 春としてこの作品でどんな存在になれるか。佐藤さんや長澤さんに引っ張っていただきながら、撮影期間中毎日考え続けました。
 そして、人生初の海外仕事でチェコ、アイスランド、ウユニを旅して、そのどの国もが信じられないくらい美しい表情を見せてくれました。世界を味方につけながら春を演じているように感じて、必死になって頭の中に焼き付けながら毎日を過ごしました。
 どうやったって過去は変わらないけど、あの時のあの人、今の私のかけら、目の前の貴方に新しく出逢うことができる。そんな体験を皆さんにお届けできる日を心待ちにしています。

【川村元気コメント】
 『四月になれば彼女は』を読んでくれた佐藤健さんが、熱烈な感想をくれたのはもう七年前でしょうか。彼とは様々な仕事をしてきましたが、僕が書いた小説の中で一番好きだと言ってくれました。小説の中の「愛を失わない方法」の問いについて書いた一文について、深く語り合ったのを今でも思い出します。そのときの彼の姿は藤代俊、そのものでした。
 それから七年。時代は大きく変わりましたが、愛や恋の問題は、相変わらずややこしくて、さらに複雑になっているように感じます。今の時代の恋愛映画を作ろうと、佐藤健さんと丁寧に話しながら、映画作りは進んでいきました。

 長澤まさみさんの真摯な仕事への向き合い方は、弥生という役に重なることが多いように感じました。真面目に頑張っているはずなのに、どこか生きづらいと感じている人たちに光を与えてくれる、素晴らしい弥生が生まれました。森七菜さんは“初恋の記憶”のような存在である春を見事に演じてくれました。世界を巡る彼女の姿に、何度も息を呑みました。

 七年かかりましたが、その歳月もこのキャストやスタッフが集まるために必要な時間だったと、今は思っています。最初から最後まで映画作りに伴走してくれた佐藤健さんに感謝したいです。

【山田智和監督コメント】
 佐藤健さん、長澤まさみさん、森七菜さん、
 本当に夢のようなキャストが実現しました。
 真摯で最高な表現者であるお三方との時間は刺激的でかけがえのない時間でした。

 佐藤健さんは脚本会議の段階から参加頂き、一緒に議論を重ねながら人物像を一緒に作りあげていくという日本映画ではあまり主流ではないやり方にも熱意を持って挑んで頂き、濃密で繊細なお芝居を見事に体現していただきました。
 長澤まさみさんは映画化用に新しく当て書きした役でもあり、「原作小説の先にある新しい要素」を見事に体現して頂き、長澤さん以外では絶対に成立しない、愛おしく純粋なる人間らしさを持った人物を真摯に表現していただきました。
 森七菜さんは、以前ショートフィルムでご一緒し、絶大な信頼を持っていたこともあり、現場では彼女の才能に委ねることが多かったのですが、脚本をゆうに超えて、圧巻の透明感と存在感を見せてくれました。この映画にもたらしてくれたそのコントラストは衝撃的でした。
 お三方と一緒に新しい表現に挑戦できたことを大変誇りに思っております。

 2024年3月29日(金)全国東宝系にて公開

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。すべての情報は更新時点のものです。資料提供:シネマNAVI )