読んでたのしい、当たってうれしい。

現在
57プレゼント

第73回ベルリン国際映画祭銀熊賞、史上最年少の8歳で主演俳優賞を受賞
『ミツバチと私』公開決定!

《本当の自分》を探す子どもの葛藤と、寄り添う家族の物語

(C)2023 GARIZA FILMS INICIA FILMS SIRIMIRI FILMS ESPECIES DE ABEJAS AIE
(C)2023 GARIZA FILMS INICIA FILMS SIRIMIRI FILMS ESPECIES DE ABEJAS AIE
(C)2023 GARIZA FILMS INICIA FILMS SIRIMIRI FILMS ESPECIES DE ABEJAS AIE (C)2023 GARIZA FILMS INICIA FILMS SIRIMIRI FILMS ESPECIES DE ABEJAS AIE

▼シネマNAVI シネマNEWS一覧
https://www.cinemanavi.com/article_list/

 

 第36回東京国際映画祭のワールド・フォーカス部門で上映する『20000種のハチ』(仮題)の邦題を『ミツバチと私』として2024年1月5日(金)より公開されることが決定した。

 本作は、第73回ベルリン国際映画祭にて主演ソフィア・オテロの驚くほど自然な演技が評価され、史上最年少の8歳にして最優秀主演俳優賞受賞を成し遂げた注目作。ベルリン国際映画祭は、2020年に男優賞・女優賞が廃止。性別区分のない主演俳優賞、助演俳優賞が新設され、まさにそれを体現する形での受賞となった。ソフィア・オテロは、約500人の中からオーディションで選ばれた新人で、今回が映画初出演となり、子供が抱える不安や心の機微を繊細に演じる様子は、『ミツバチのささやき』(73)のアナ・トレントを想起させる。手がけたのは、数々の短編を監督し、『Chords』(22)では第75回カンヌ国際映画祭の監督週間で上映された実績を持つスペイン人監督のエスティバリス・ウレソラ・ソラグレン。彼女の輝かしい長編デビュー作となった本作は、ベルリン国際映画祭の銀熊賞に加え、ギルド賞をW受賞。さらに、第26回マラガ・スペイン映画祭でも最優秀スペイン映画賞を受賞するなど世界各国から注目を集め、米映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では95点と高い満足度を記録している。

 監督は、「家族との関係が、自分探しの旅にどう影響するのかを探りたかった」と語っており、トランスジェンダーの悩みを抱える本人だけでなく、母、祖母ら3世代の視点を交え、それぞれの考えで人生を生き抜く姿を描く。スペインのバスク地方の緑豊かな美しい景色とともに、自然光のみで撮影した美しい映像も必見。日本版ポスターは、主人公アイトールを中心に、繊細な表情に柔らかな光が差し込む様子を捉えたもの。そして右下には、「生まれ変わったら、女の子になれるのかな?」という劇中に登場する台詞があり、自分の性自認を巡って思い悩む心のうちを告白するものとなっている。真っ直ぐで切なる願いは、観る者の心を大きく揺さぶるだろう。

 場面写真は、ポスタービジュアルの表情とは打って変わり、ベットの上で、アイトールが穏やかな表情で微笑みながら母親を見つめるシーン。自身の心と、家族との関係性の変化に伴って移り変わっていく、アイトールの細やかな表情に注目だ。本作は、第36回東京国際映画祭で一足早くお披露目され、エスティバリス・ウレソラ・ソラグレン監督の来日も予定されている。


 2024年1月5日(金)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。すべての情報は更新時点のものです。資料提供:シネマNAVI )