読んでたのしい、当たってうれしい。

現在
57プレゼント

ドキュメンタリー『映画の朝ごはん』11/10(金)公開決定!

映画撮影の影の立役者おにぎり弁当のポパイに密着!

(C)ジャンゴフィルム
(C)ジャンゴフィルム
(C)ジャンゴフィルム v (C)ジャンゴフィルム

▼シネマNAVI シネマNEWS一覧
https://www.cinemanavi.com/article_list/

 

 長年に渡り映画やドラマの撮影現場で愛され、映像業界に知らぬ者はいないというほど定番化している伝説のお弁当屋さん「ポパイ」にフォーカスした異色のドキュメンタリー『映画の朝ごはん』が、11月10日(金)より公開されることが決定した。

 おにぎり二個、おかず一品と沢庵が透明フードパックに入った極めてシンプルなおにぎり弁当で知られ、ロケ撮影の定番の朝ごはんとして熱烈な支持者を持つポパイ。本作は、ポパイのおにぎり弁当ができるまでの工程はもちろん、ポパイがどのような経緯で撮影現場のお弁当受注に注力するようになったのか、さらにはポパイで大量のお弁当を日々発注する“制作部”メンバーによる影の努力、ポパイのおにぎり弁当が生む撮影現場での笑顔を捉えていく。通常ではカメラには決して写ることがなく観客たちは知る由もないが、実際は撮影の根幹を担っている―――そんな《ものづくり》の最前線に連れ出してくれる異色作。

 雨の日も、風の日も、雪の日も…撮影現場には撮影、照明、録音、美術などそれぞれのセクションでカメラに写らない大勢のスタッフが働いている。朝から晩まで撮影に明け暮れる彼らにとって温かいお弁当がいかに大切なのか、その温かいお弁当を口に運ぶまでにどんな苦労が詰まっているのかなど、映画好きにはたまらない情景の数々をカメラが次々と明らかにしていく。

 ポパイの思い出を証言するのは、黒沢清、樋口真嗣、瀬々敬久、山下敦弘、沖田修一ら第一線の現役監督と、映画に人生を捧げてきたスタッフたち。そこで語られるのは、一流監督たちが新人だった頃の貴重な裏話や時代とともに変わっていく業界の姿、突然襲ったコロナ禍による撮影スタッフたちの戸惑いの日々、はたまた食べることへの並々ならぬこだわりなど多岐に渡る。普段スクリーンで観ることができない彼らの日常は、微笑ましくありながらも、映画の見方すら変えてくれるような壮大な物語が展開していく。ナレーションを務めるのは、俳優の小泉今日子。数々の撮影現場を自身も経験してきた小泉が、優しい語り口で彼らの物語を包み込んでいく。

 解禁された場面写真では撮影現場で雑務をこなす制作部の男性2人が笑顔で話す姿や、ポパイのおにぎり弁当がいままさに完成しようとしている一幕が映し出されている。また、ポスタービジュアルでは、ポパイのおにぎり弁当、“缶茶”の愛称で知られる黒い缶のウーロン茶、店名入りの割り箸にフォーカス。まるで写真のようだが、よく見ると写実的な絵であることがわかる。シンプルなデザインながら、丸みを帯びたおにぎりが主役で食欲をそそり、どことなく温かみを感じられる。

 

 11月10日(金)よりキネカ大森 以降全国にて順次公開

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。すべての情報は更新時点のものです。資料提供:シネマNAVI )