読んでたのしい、当たってうれしい。

現在
57プレゼント

ウディ・アレン監督待望の最新作にして集大成!
『Rifkin'sFestival(原題)』公開決定!

海外版予告&場面写真解禁!

(C) 2020 Mediaproducción S.L.U., Gravier Productions, Inc. & Wildside S.r.L.
(C) 2020 Mediaproducción S.L.U., Gravier Productions, Inc. & Wildside S.r.L.

▼シネマNAVI シネマNEWS一覧
https://www.cinemanavi.com/article_list/

 

 『ミッドナイト・イン・パリ』、『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』などで知られるウディ・アレン監督の最新作『Rifkin's Festival』(原題)の公開が決定!
 映画と美食の街として名高い、スペインのサン・セバスチャンで毎年9月に開催されるサン・セバスチャン国際映画祭。スペイン最大の国際映画祭であり、ヨーロッパにおいてカンヌ、ベルリン、ヴェネチアに次いで重要な映画祭に位置付けられるこの映画祭を舞台に、ウディ・アレン監督が自身の集大成ともいえる映画愛溢れる一作、『Rifkin's Festival』(原題)を完成させた。

 ニューヨークの大学の映画学の教授で、売れない作家のモート・リフキン(ウォーレス・ショーン)は、妻スー(ジーナ・ガーション)に同行し、サン・セバスチャン映画祭に参加。妻は有名なフランス人監督フィリップ(ルイ・ガレル)の広報を担当している。

 モート・リフキンが映画祭に同行したのには理由がある。いつも楽しそうな二人を横目に妻の浮気を疑っているのだ。モート・リフキンが街を一人ふらついていると、突如、フェデリコ・フェリーニ監督の『8 1/2』の世界が目の前に現れる!さらに夢の中では、自分がオーソン・ウェルズ監督の『市民ケーン』、ジャン=リュック・ゴダール監督の『勝手にしやがれ』に出ていたりと、ウディ・アレン監督も実際に敬愛する、傑作クラシック映画の世界に没入する不思議な体験が次々に巻き起こる。そんな中、妻への疑惑のストレスで心気症となったモート・リフキンは美しい医師ジョー(エレナ・アナヤ)と出会うのだった。

 実際に第68回サン・セバスチャン国際映画祭にてプレミア上映された本作。映画祭は「ウディ・アレンは偉大な監督であり、映画史上最も重要な人物の一人だ。」 とコメントしている。主演のモート・リフキンを演じたのは、ウディ・アレン監督『マンハッタン』で映画デビューを果たしたウォーレス・ショーン。『ラジオ・デイズ』、『ウディ・アレンの影と霧』、『スコルピオンの恋まじない』、『メリンダとメリンダ』など多数のアレン作品に出演する常連俳優が、アレンの分身とも言えるモート・リフキン役で見せる人生の悲喜交交は必見。『バウンド』、『フェイス/オフ』のジーナ・ガーションが妻のスー役を演じ、『私が、生きる肌』、『ワンダーウーマン』のエレナ・アナヤが医師ジョー役、『グッバイ・ゴダール!』、『オフィサー・アンド・スパイ』、『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』のルイ・ガレルが映画監督フィリップ役を演じている。

 舞台となるのはスペイン・バスク地方にあるサン・セバスチャン。美しいビーチや山々に囲まれたリゾート地で、世界屈指の美食の街でもある。撮影監督は、『カフェ・ソサエティ』、『女と男の観覧車』、『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』でもアレンとタッグを組んだ、83歳の巨匠ヴィットリオ・ストラーロ。アレンとの4度目のコラボレーションでは、大西洋の青い海に面した街サン・セバスチャンの美しい風景と、ユニークなキャラクターたちを見事に捉えている。

 解禁された海外版予告では、モート・リフキンが映画の広報をする妻に同行してサン・セバスチャン映画祭に訪れるところから始まる。妻スーと映画監督フィリップは、美しい街と高揚とした映画祭の空気の中で、急接近!一人苦虫を噛み潰したような顔のモート・リフキンは、自分は何者なのか?何を求めているのか?と自問自答しながら街を彷徨う。なぜかボンゴを叩くフィリップ。踊る妻。美しいスペイン人医師ジョーとの出会い。「人生は、まるで映画だ。人生は、ときに喜劇だ。ドラマチックで、ロマンチック。そしてミステリーだ。」のコピーが往年のアレンの名作を彷彿とさせる。「あいつと寝たのか?」と問うモート・リフキンに「一度も…。1回だけ。いいえ2回。」と返す妻スー。最後はモート・リフキンが男性に語りかけるシーンで締めくくる。「今までの人生を振り返ってみて気づいた。間違った決断ばかり。ここまで聞いて僕に何か言いたいことは?」


『Rifkin's Festival(原題)』海外版予告

 2024年1月19日(金)新宿ピカデリーほか全国公開

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。すべての情報は更新時点のものです。資料提供:シネマNAVI )