読んでたのしい、当たってうれしい。

現在
57プレゼント

ニューロティック・ホラー『ファミリー・ディナー』公開決定!

青空の下に並べられた美味しい料理、なのによく見ると不気味…

(C)2022 Capra Film GmbH & Film AG GmbH All rights reserved
(C)2022 Capra Film GmbH & Film AG GmbH All rights reserved
(C)2022 Capra Film GmbH & Film AG GmbH All rights reserved (C)2022 Capra Film GmbH & Film AG GmbH All rights reserved

▼シネマNAVI シネマNEWS一覧
https://www.cinemanavi.com/article_list/

 

 トライベッカ映画祭ほか各国の映画祭を席巻した新感覚ホラー『FAMILY DINNER』が邦題を『ファミリー・ディナー』として12月8日(金)より公開されることが決定した。

 ふくよかな体型に自信の持てない10代の少女シミーは、復活祭(イースター)の休暇を利用して、有名な料理研究家で栄養士の叔母クラウディアの元を訪ねる。シミーは叔母が健康的なダイエットの力になってくれると期待していたが、叔母の食事指導は思いのほか過激なものだった。更には、不可解なほど敵意を剥き出しにしてシミーに嫌がらせを繰り返す従兄弟のフィリップ、そして得体のしれない叔母の新しい夫・シュテファンの存在がシミーの不安を掻き立てる。そして不気味な家族によるイースターの祝祭が1日また1日と近づくに連れ、美しい料理に彩られた食卓は徐々に悪夢へと変わってゆく…。

 監督は巨匠ミヒャエル・ハネケも講師を務めるオーストリアの名門ウィーン・フィルムアカデミー出身の新鋭ペーター・ヘングル。本作が長編初監督作ながら、家庭内の目に見えぬ暴力性、ルッキズム、食と祝祭における宗教観の変化といった今日的な題材を、静謐かつスリリングな物語に昇華させたその類まれな才能は高く評価され、北米最大級の映画祭の一つ、ニューヨークのトライベッカ映画祭の正式上映作品に選出。同映画祭でワールドプレミアとして華々しく上映されたのを皮切りに、その後もスイスのヌーシャテル、韓国のプチョンといった世界各国の名だたるジャンル系映画祭で、熱狂をもって迎えられた。

 物語はイースター(復活祭)の直前、体型にコンプレックスを持つ10代の少女シミーが、減量の手助けをしてもらうために、著名な料理研究家の叔母クラウディアの元を訪ね、悪夢のような体験をするというもの。今回公開となったティザービジュアルは、イースターの火祭りのために組み上げられた木々と死んだウサギを手にした少女シミーの姿がまるで不気味なモニュメントのように佇み、手前に飾られた美しい料理とのコントラストが非常に不穏な世界観を感じさせるものになっている。


 12月8日(金) 新宿武蔵野館 ほか 全国ロードショー

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。すべての情報は更新時点のものです。資料提供:シネマNAVI )