読んでたのしい、当たってうれしい。

現在
57プレゼント

A24製作、ジェシー・アイゼンバーグ初監督・脚本作『僕らの世界が交わるまで』

2024年1月19日(金)日本公開決定!日本版ポスタービジュアル解禁!

(C) 2022 SAVING THE WORLD LLC. All Rights Reserved.
(C) 2022 SAVING THE WORLD LLC. All Rights Reserved.

▼シネマNAVI シネマNEWS一覧
https://www.cinemanavi.com/article_list/

 

 ジェシー・アイゼンバーグ初監督作品『When You Finish Saving the World』が、『僕らの世界が交わるまで』の邦題で2024年1月19日(金)日本公開が決定!

 2022年サンダンス映画祭でのワールドプレミア上映を経て、第75回カンヌ国際映画祭批評家週間のオープニング作品に選出された本作は、『ソーシャル・ネットワーク』(10)でアカデミー賞Ⓡ主演男優賞にノミネートされた経歴を持つ俳優、ジェシー・アイゼンバーグの初長編監督作品。自身がAudible(Amazonのオーディオブック)向けに作った5時間のラジオドラマを基に、ジェシー自ら脚本も担当している。

 製作は、『ラ・ラ・ランド』(16)でアカデミー賞(R)主演女優賞を獲得したエマ・ストーンが、デイブ・マッカリーと共に設立した映画/TV制作会社「フルート・ツリー」。本作が初製作映画となる。さらに、『ムーンライト』(16)『ミッドサマー』(19)などを世に送りだし、映画ファンから絶大な人気を誇り、オスカー常連となっている映画会社「A24」も製作・北米配給を手掛ける本作は、珠玉のヒューマンドラマである!

 本作で描かれるのは、ちぐはぐにすれ違う家族のドタバタ人間模様。DV被害に遭った人々のためのシェルターを運営する母・エヴリンと、ネットのライブ配信で人気の高校生ジギー。社会奉仕に身を捧げる母親と、自分のフォロワーのことしか頭にないZ世代の息子は、お互いのことを分かり合えずすれ違ってばかり。そんな2人にちょっとした変化が訪れる。それは、各々ないものねだりの相手に惹かれ、空回りの迷走を続ける“親子そっくり"の姿だった……!

 母・エヴリンを演じるのは、ジュリアン・ムーア。『アリスのままで』(15)などに出演、アカデミー賞(R)、英アカデミー賞(BAFTA)、エミー賞など数々の受賞歴を誇り、ベルリン/べネチア/カンヌ国際映画祭でそれぞれ最優秀演技賞を受賞した初めてのアメリカ人女性であり、絶対的な演技力に定評がある。アメリカの銃犯罪撲滅をめざす活動を広めるため、クリエイティブ・コミュニティ“エブリタウン・フォー・ガン・セイフティ・クリエイティブ・カウンシル”を立ち上げ、会長に就任した彼女が、社会奉仕に尽力する母親を演じる。

 息子のジギー役を務めるのは、俳優・監督・アーティストと多岐にわたって活躍するフィン・ウォルフハード。Netflixドラマシリーズ「ストレンジャーシングス 未知の世界」(16,17,19,22)のマイク・ウィーラー役で人気沸騰中のフィンが、思春期の屈託や葛藤を抱く少年を好演する。

 ジギーが恋心を抱く聡明な女子高校生・ライラ役をNetflix「13の理由」(17~20)でジェシカ役を演じたアリーシャ・ボー、エヴリンが世話にのめりこむシェルターに助けを求めに来た少年・カイル役をビリー・ブリックが演じる。

 解禁となった日本版ポスタービジュアルには、すれ違い続きの親子、エヴリンとジギーが隣り合って見つめあう姿がとらえられている。

 ジェシー・アイゼンバーグが紡ぎだす、誰にとっても身近な“親子”の物語。共感あふれる不器用なコミュニケーションに身悶えしながら、悩める彼らの行方を見届けてほしい!


 2024年1月19日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国公開!

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。すべての情報は更新時点のものです。資料提供:シネマNAVI )