読んでたのしい、当たってうれしい。

現在
64プレゼント

駆ける馬!火を吹く砲台!肉弾戦!『ナポレオン』

リドリー・スコット映画が持つ圧倒的迫力の真髄に迫る特別映像解禁!!

▼シネマNAVI シネマNEWS一覧
https://www.cinemanavi.com/article_list/

 

 ホアキン・フェニックス主演、リドリー・スコット監督による映画『ナポレオン』。撮影を振り返る監督のコメント、ならびに撮影現場を捉えた特別映像が解禁!

 解禁となる特別映像では、リドリー・スコット監督が戦闘シーンの撮影を振り返っている。「戦闘シーンの撮影は全てが規格外となる。歴史的な戦いを再現した」と自らが語る通り、陣形の全体像がわかる上空からのカットがあったかと思えば、息を呑む大砲の炎、吹き飛ばされる兵士の姿、戦場を駆け抜ける騎兵隊など、臨場感という言葉を超えて、まるで観るものが戦場に引きずり込まれているとさえ感じるような圧倒的な迫力の映像が続く。
 「私自身の中にナポレオンが宿り、撮影に影響を及ぼした。良くも悪くもだ」と語ったスコット監督。「名だたる先人に続くのは私だ 必ず歴史に名を残す」というナポレオンの言葉通り、圧倒的カリスマ性と優れた軍事戦略により 皇帝まで上り詰め“英雄”と呼ばれた男。しかし、その冷酷非道な戦いの戦死者は300万人を超え、やがて彼は“悪魔”と恐れられる存在になっていく。映画の撮影中、リドリー監督の中に宿ったナポレオン、その真の姿を映画館で!

『ナポレオン』特別映像

 リドリー・スコット監督、今年で御年86歳。壮大なスケールの映画を作る経験、才能、ビジョン、自信を有する、いまや数少ない映画監督のひとりだ。50年近いキャリアの中で、『ブレードランナー』『エイリアン』『グラディエーター』『オデッセイ』、近年では『ハウス・オブ・グッチ』や『最後の決闘裁判』など映画史に刻まれる名作を生み出し、後進にも多大な影響を及ぼしてきた。特に戦争、SFといった非日常な世界をテーマに、細部にまでこだわり抜いてリアリティを積み上げ、圧倒的な世界観を構築することに至っては、彼の右に出るものはいないだろう。
 スコット監督の思い描く壮大なビジョンを実現するために、スタッフたちは完璧な仕事が求められる。本作では最大11台のカメラを使用するため、広大なロケーションは360度完璧に装飾された。ごまかしは一切なし。隠れられるような背景もない。

 戦闘シーンでは当時の兵士のように動ける膨大な人数の俳優が必要だった。そこで軍事アドバイザー、ポール・ビティスによりナポレオン時代に使われていた軍事演習が行われた。銃の構え方、足並みの揃え方、軍隊としての移動の仕方まで、当時のナポレオン兵が行っていた訓練がほどこされた。俳優たちは消耗戦だったナポレオン戦争で兵士たちが感じていた死と直面する恐怖や、砲弾が飛び交い、すぐ隣にいた人間が一瞬で命を落としていくような、まるで死を迎える準備のような戦場のリアルを演技で伝える必要があるからだ。

 最終的には戦闘の決まった振り付けを用意するのではなく、<事態に備える>よう心がけさせた。スコット監督が「正方形に整列してほしい」と言えばビティスが「騎兵隊の位置に」と告げ、俳優たちは正方形に整列し、必要なポジションを取ることができるまでになった。

 何事にも備えよーービティスが24年の兵役経験から身につけてきたモットーが、撮影現場では戦闘シーンの更なるリアルな演出に生かされているのだ。

 そうしたスペシャリストたちのきめ細やかな仕事が、リドリー・スコット映画の唯一無二のリアリティを作り上げている。さらに、今回日本版本ポスターが解禁!

 前回解禁された“静”のイメージのポスターから一転、フランス国旗たなびく中、サーベルを片手に鬼神のごとき表情で先陣を切り突撃していくホアキン・フェニックス演じるナポレオンの躍動する姿がとらえられたポスターとなっている。


 12月1日(金)全国の映画館で公開!

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。すべての情報は更新時点のものです。資料提供:シネマNAVI )