読んでたのしい、当たってうれしい。

現在
64プレゼント

絶叫禁止。音が鳴ったら、現れる―。『サウンド・オブ・サイレンス』公開決定!

特報映像&ポスタービジュアル解禁!

(C) 2022 T3 Directors SRL
(C) 2022 T3 Directors SRL

▼シネマNAVI シネマNEWS一覧
https://www.cinemanavi.com/article_list/

 

 『ザ・レイド』シリーズなどを手掛ける「XYZ Films」が新進気鋭の監督ユニット「T3」とタッグを組んで放つ新たなる沈黙の恐怖体験『SOUND OF SILENSE』が邦題『サウンド・オブ・サイレンス』として、1月26日(金)より、全国ロードショーが決定。特報映像とポスタービジュアルが解禁された。

 久しぶりに故郷へと帰って来たエマ。生家で過ごす夜、何かが家の中を徘徊している。それは、必ず音が鳴っている時だった―。喋ってはいけない。音を立ててはいけない。その度に、“それ”はあなたに近づいて来る―。沈黙か、死か。ほかに生き残る術はあるのか。

 監督のアレッサンドロ・アントナチ、ダニエル・ラスカー、ステファノ・マンダラは、『パラノーマル・アクティビティ』等を輩出したアメリカ最大のホラー映画祭であるスクリームフェスト・ホラー映画祭において、2018年に共同製作した『デス・アプリ 死へのカウントダウン』が選出される。その後、彼らは「T3」という映画製作ブランドを創設。イタリアを拠点として、数々の短編ホラー映画を生み出す。本作は、2020年に同映画祭に選出され好評を得た短編を元に、「T3」初の英語長編映画として完成させた作品である。『クワイエット・プレイス』のシチュエーション、『ライト/オフ』の恐怖、『ドント・ブリーズ』の追撃戦を彷彿とさせるホラーの傑作が誕生した。

 解禁された特報映像では、古いラジオのスイッチを入れるとある女性の姿が現れるシーンが切り取られる。音が鳴ったら現れる“それ”の正体は一体何なのか?“沈黙の恐怖体験”のゾクゾクが止まらない映像となっている。


2024.1.26公開『サウンド・オブ・サイレンス』特報

 併せて公開となったポスタービジュアルには、“絶叫禁止。音が鳴ったら、現れるー。”というコピーとともに、静かにと人間のものとは思えない手でポーズし、声を出さない様に必死に口を押える若い女性のシーンが切り取られ、ホラー映画の傑作を予期させるデザインとなっている!


 1月26日(金)より、全国ロードショー

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。すべての情報は更新時点のものです。資料提供:シネマNAVI )