読んでたのしい、当たってうれしい。

現在
64プレゼント

『笑いのカイブツ』本予告&本ビジュアルが到着!

孤高のハガキ職人ツチヤ(岡山天音)の運命を変える出会いの数々

(C)2023「笑いのカイブツ」製作委員会
(C)2023「笑いのカイブツ」製作委員会

▼シネマNAVI シネマNEWS一覧
https://www.cinemanavi.com/article_list/

 

 主演:岡山天音×監督:滝本憲吾の最新作『笑いのカイブツ』より、最新映像となる本予告&本ビジュアルが解禁された。

 原作は、Web連載で熱狂的に支持され、書籍化された“伝説のハガキ職人”ツチヤタカユキ氏による同名私小説。笑いにのみ人生を捧げる実在の人物の痛いほどに純粋で激烈な半生を、井筒和幸、中島哲也、廣木隆一など名だたる名匠のもとで助監督を務め、本作で満を持しての長編商業映画デビューを果たす気鋭・滝本憲吾監督が映画化する。主人公のツチヤを演じるのは話題作への出演が続く、日本映画界に欠かせない実力派俳優・岡山天音。

 解禁された本予告は、アルバイト中にも関わらず、ネタ投稿をしている大喜利番組をイヤホンで聞き、人目もはばからずに大きなリアクションをとる“笑いに取り憑かれた”主人公ツチヤ(岡山天音)の姿から幕を開ける。そんな笑いに猛進するツチヤを面白がるピンク(菅田将暉)、ツチヤの努力を素直に尊敬するミカコ(松本穂香)に加え、ネタを投稿していたラジオ番組からは「漫才を作りたいね、ツチヤと。一緒に漫才作りましょう!」と憧れの芸人・ベーコンズの西寺(仲野太賀)の言葉が聴こえ、必死で笑いに食らいついてきたツチヤの運命を変える人物たちが映し出される。


『笑いのカイブツ』予告編

 大喜利投稿、ハガキ職人、構成作家…様々な経験を積んできたツチヤの才能と努力を認めた芸人・西寺のもとでラジオ番組の作家見習いとして働き始めるツチヤだったが、人間関係が不得意ゆえに、周りの先輩作家やスタッフから厳しい視線を浴びることに…。努力はできても器用になれず、「やるだけやって、燃え尽きたらそれまでじゃ。その先に何があんねん」と葛藤を抱え、心の叫びをあげるツチヤ。そんなツチヤに言葉をかけ続ける西寺の姿など、胸が熱くなるシーンが収められている。自身の価値観とは相いれない常識の中で、それでも自分の信じる笑いを貫くツチヤ。彼に寄り添う西寺、ピンク、ミカコ、おかん(片岡礼子)ら登場人物たちとの心揺さぶる展開に期待が高まる予告となっている。

 本ビジュアルでは、「あの頃、何者かになりたかった全ての人へ――。」のコピーと共に、夢も地獄も両方味わったよう潤んだ瞳でこちらを見つめるツチヤの表情が印象的なものに。さらに、下部にはツチヤを取り巻く登場人物たちに加え、東京タワーや道頓堀などの舞台や、ラジオや表彰状などツチヤに影響を与えたアイテムも配されている。笑いに人生を捧げた男・ツチヤを待ち受けるものとは果たして―?衝撃の実話から生まれた圧倒的な人間ドラマに期待が高まる映像・ビジュアルとなっている。

 

 2024年1月5日(金)テアトル新宿ほか全国ロードショー

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。すべての情報は更新時点のものです。資料提供:シネマNAVI )