読んでたのしい、当たってうれしい。

現在
64プレゼント

『サン・セバスチャンへ、ようこそ』邦題&場面写真解禁!

人生は、映画のように想定外!?ウディ・アレンが仕掛けた映画の魔法

(C)2020 Mediaproducción S.L.U., Gravier Productions, Inc. & Wildside S.r.L.
(C)2020 Mediaproducción S.L.U., Gravier Productions, Inc. & Wildside S.r.L.
(C)2020 Mediaproducción S.L.U., Gravier Productions, Inc. & Wildside S.r.L. (C)2020 Mediaproducción S.L.U., Gravier Productions, Inc. & Wildside S.r.L. (C)2020 Mediaproducción S.L.U., Gravier Productions, Inc. & Wildside S.r.L.

▼シネマNAVI シネマNEWS一覧
https://www.cinemanavi.com/article_list/

 

 映画と美食の街として名高い、スペインのサン・セバスチャンで毎年9月に開催されるサン・セバスチャン国際映画祭を舞台に、ウディ・アレン監督が自身の集大成ともいえる映画愛溢れる最新作『Rifkin's Festival』 (原題)が邦題を『サン・セバスチャンへ、ようこそ』とし公開されることが決定した。

 かつて大学で映画を教えていたモート・リフキンは、今は人生初の小説の執筆に取り組んでいる熟年のニューヨーカー。物語は、そんな彼が映画業界のプレス・エージェントである妻スーに同行し、スペイン北部バスク地方の街サン・セバスチャンの映画祭に参加するところから始まる。妻スーとフランス人著名監督フィリップの浮気を疑うモートは、「アホな映画監督にノボせてる」と辛辣。ストレスにも苛まれ、現地の診療所に赴くはめに。そこでモートは人柄も容姿も魅力的な医師ジョーとめぐり合い、浮気癖のある芸術家の夫との結婚生活に悩む彼女への恋心を抱くのだが...。

 解禁された場面写真では、「サン・セバスチャンへ、ようこそ」の邦題があらわすように、世界的観光地で“ビスケー湾の真珠”と呼ばれるリゾート地サン・セバスチャンの風光明媚な景色や、そこで行われる華やかな映画祭の様子を収められたシーンがいくつも並ぶ。ロケ地は、実際にサン・セバスチャン映画祭で会場として使用される劇場や公会堂や、サン・セバスチャンでも指折りに有名なラ・コンチャビーチ、ホテル マリア クリスティーナなどの観光スポットでも撮影を敢行するなどサン・セバスチャンへの魅力がたっぷり詰まっている。

 国際映画祭を舞台に、ウディ・アレン自身がこよなく愛するヨーロッパの古典映画などのオマージュを織り交ぜ、まさしく“映画のように”儚くも美しい人生模様を紡ぎ上げたロマンティック・コメディの続報をお楽しみに!

 

 2024年1月19日(金)新宿ピカデリーほか全国公開

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。すべての情報は更新時点のものです。資料提供:シネマNAVI )