読んでたのしい、当たってうれしい。

現在
57プレゼント

長崎歴史文化博物館

南蛮文化 にぎわい伝える屛風

「南蛮人来朝之図」 作者不詳 1600年ごろ、 縦168×総横390センチ×2 国認定重要美術品
「南蛮人来朝之図」 作者不詳 1600年ごろ、 縦168×総横390センチ×2 国認定重要美術品
「南蛮人来朝之図」 作者不詳 1600年ごろ、 縦168×総横390センチ×2 国認定重要美術品 「南蛮人来朝之図」 作者不詳 1600年ごろ、 縦168×総横390センチ×2 国認定重要美術品 「犯科帳」(一部) 長崎奉行所編 17~19世紀 縦33×横22センチ(閉じた状態) 国指定重要文化財。「ペーロン競漕とけんか」は15日まで展示

 長崎は16世紀にキリスト教が伝来し、南蛮貿易の拠点として繁栄しました。長崎奉行所立山役所の跡地に立つ当館は、近世の海外交流史にまつわる資料を所蔵しています。

 「南蛮人来朝之図(なんばんじんらいちょうのず)」は、南蛮人と呼ばれたポルトガル人との交易の様子を描いた南蛮屛風(びょうぶ)の一つ。作者は不明ですが、狩野派の絵師の手によるものとみられます。作品保護のため、通常は複製をご覧いただいています(写真は現物)。

 左隻では、南蛮船の入港から貿易品の荷下ろしの過程を描いています。南蛮文化を受け入れていく町のにぎわいが伝わってくるのが、右隻です。侍の首にはロザリオがぶら下がっていて、当時の人々の風俗がわかります。

 宣教師たちが歩く廊下の先には、十字架を掲げた瓦屋根。キリスト教の布教で日本各地に建てられた「南蛮寺」です。日本の寺院の雰囲気を残したのは、もしかするとイエズス会側の配慮なのかもしれません。

 長崎奉行所は、国際貿易都市を治めるためにも大変重要な拠点でした。奉行所約200年の判決記録をまとめた「犯科帳」は、当時の司法制度のほか、「貧しさから家族のために薬を盗む」といった事件など、庶民の切実な暮らしぶりも垣間見えます。

 1800年に起きた「ペーロン競漕(きょうそう)とけんか」事件。ペーロン大会は、木製の手こぎ船で競う長崎の夏の風物詩です。ルールを破ってぶつかってきた相手に対して、怒った松次郎が敵船に飛び込み、大乱闘の末多くの死傷者が出てしまった……という事件です。松次郎は島流し、仲間は町からの追放に処せられました。けんかざたが絶えずたびたび禁止令が出たペーロン大会ですが、伝統行事として今も残っている。情熱は変わらないんだなと思うのです。

(聞き手・田中沙織)


 《長崎歴史文化博物館》 長崎市立山1の1の1(☎ 095・818・8366)。午前8時半~午後7時(12~3月は6時まで。入館は30分前まで)。630円。原則第1、3(月)((祝)の場合は翌日)休み。

 長崎歴史文化博物館 公式サイト
 http://www.nmhc.jp/

おかざき・えみ

学芸員・深瀬公一郎さん

 ふかせ・こういちろう 1973年鹿児島県出身。2007年から現職。専門は江戸時代の国際関係史。

(2024年7月9日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)